コースID: CI310-H SharePoint 2013 サイト構築 基礎

SharePoint Server 2013 でサイト管理、サイト構築を行う方向けのコースです。ブラウザーベースの設定を活用してサイト構築が行えるようになること、サイト管理者に必要となる知識を身につけていただくことが目的です。
単純な機能紹介ではなく、SharePoint の標準機能を活用したサイト構築方法をご紹介します。
 
​ ※ SharePoint Online には対応しません。
     SharePoint Online の基礎知識には、「CI601-H SharePoint 2016 サイト構築 基礎 (2日間)」 を受講ください。
コース種別 ハンズオン (演習付き)
対象 対象製品:SharePoint Server 2013
対象者   :
サイトの管理や内容編集を行う担当者
情報システム部門の IT 技術者
日数 2 日間
前提条件 Windows、Office の基本操作ができる方
一般開催
受講料(税別)
¥100,000
  
  
  
  
  
2017/09/042017/09/05奥田 理恵満席2017/09/05_CI310-H
2017/12/042017/12/05奥田 理恵受付中2017/12/05_CI310-H
2018/03/082018/03/09奥田 理恵受付中2018/03/09_CI310-H

コース内容

​​​​​​​​1.SharePoint 2013 概要と利用について

- SharePoint 2013 サイト構築の概要

2.SharePoint 管理 基礎知識

- SharePoint 管理者と管理ツール
- サイト論理階層
- サイト コレクションの役割と設計について
- サイト作成とサイト テンプレートの違い
- サイト内コンテンツの種類や階層について
- 機能のアクティブ化/非アクティブ化

3.ライブラリを利用した文書共有・管理

- ライブラリによるファイル共有 便利機能について
- Office Online の利用
- ファイル検索機能について
- 管理メタデータによるファイル タグ付け
- 情報管理ポリシー 
- 文書テンプレートとの連携 (Word、Excel)
- その他高度な文書管理機能

4.チームサイト内でのデータ共有

- リストについて
- 表形式でのデータ入力・共有
- InfoPath によるフォーム カスタマイズ
- ワークフロー機能
- Excel エクスポート、メール通知機能
- 予定表、アンケート、タスク、掲示板等のリスト活用

5.ページの作成と編集、Web パーツの利用

- ページの作成方法とテンプレートの違い
- ページの編集基本 - リッチテキスト編集
- よく利用する Web パーツと設定方法
- リスト、ライブラリを利用したトップページへの配信              

6. アクセス権 設定

- SharePoint サイトのアクセス権
- サブサイトに対するアクセス権
- リスト・ライブラリへの詳細なアクセス権設定
- アクセス要求機能について

7. 個人用サイトとソーシャル機能の利用

  - 個人用サイトについて
  - プロファイル
  - ニュース フィードと Yammer
  - サイトのフォロー
  - OneDrive for Business の活用

​​​


 



備考

SharePoint は標準で情報発信や情報共有などを行うためのさまざまな機能を搭載しています。標準機能の中から要件に合わせて機能を選択して組み合わせ、サイト構築をいかに行うかは、SharePoint 活用の第 1 歩です。本コースの目標は SharePoint Server 2013 の基礎知識を習得いただき、標準機能を活用したサイト構築、サイト管理ができるようになることです。実際にサンプルサイトを作成していただきながら、各機能の理解やサイト構築のポイントを理解していただけます。これから SharePoint に携わる方の基礎知識習得におすすめのコースです。