コースID: CI420-H SharePoint 2010 標準機能活用によるサイト構築

SharePoint 2010 の標準機能を活用したサイトの作成からアクセス権など各種設定方法、またサイト内コンテンツの編集方法についてご紹介します。単純な機能紹介ではなく、SharePoint 2010 の標準機能を活用したサイト構築方法をご紹介します。SharePoint サイトの仕組みやサイト構築の考え方を理解するためのコースです。(SharePoint 2010 の操作方法をご紹介するコースではありません)

​​​​

コース種別 ハンズオン (演習付き)
対象 対象製品: SharePoint Server 2010

対象者   : サイトの管理や内容編集を行う担当者、情報システム部門の IT 技術者
日数 2 日間
前提条件 Windows や Office の基本操作ができる方
コースのご受講について 個別開催でのご提供を行っております。お気軽にお問合せください。

コース内容

​​​​​1.SharePoint 2010 の概要と利用について

- SharePoint 2010 の各製品概要 (SharePoint Server と SharePoint Online の違いなど)
- SharePoint の利用例
- SharePoint サイト 構築方法について

2.サブサイトの作成とサイトの構造

- サイト テンプレートとサイト作成
- サイト コレクションの役割と理解

3.SharePoint 2010 の画面

- 画面構成の確認
‐ サーバー リボンの利用

4.利用シナリオから理解する
                  SharePoint 2010 の各機能

- 文書共有・管理
     列、ビューを活用したドキュメントの共有
     バージョン管理の活用
     管理メタデータを活用したファイル分類
     ファイルの検索
- チーム内での情報共有
     リストの活用によるナレッジ共有
     参照列や一意列、入力検証機能の活用
- 情報発信
     ポータルとして活用する SharePoint
     ページの編集や公開
- Enterprise の機能
     Excel Service を活用したデータ分析・共有シナリオ

5.サイトのデザイン

- テーマの活用
- わかりやすいナビゲーションの編集

6.Office クライアントとの連携

- Office Web Apps によるオンラインでの文書編集
- Outlook によるオフライン利用

7.SharePoint のアクセス権

- SharePoint サイトのアクセス権
- 詳細なアクセス権の設定

8.テンプレート化による設定内容の再利用

- テンプレートの作成、展開と利用

<演習で利用いただくサイト例>
1.png

 2.png


備考

SharePoint は標準で情報発信や情報共有などを行うためのさまざまな機能を搭載しています。標準機能の中から要件に合わせて機能を選択して組み合わせ、サイト構築をいかに行うかは、SharePoint 活用の第 1 歩です。本コースの目標は SharePoint 2010 (SharePoint Server 2010、SharePoint Foundation 2010) の標準機能を活用したサイト構築ができるようになることです。実際にサンプルサイトを作成していただきながら、各機能の理解やサイト構築のポイントを理解していただけます。​​