コースID: CI421-H InfoPath と SharePoint によるフォーム活用テクニック

InfoPath を利用したリッチ フォームの作成方法や、InfoPath と SharePoint (SharePoint バージョンは 2010、2013 に対応) を連携した SharePoint サイトでのフォーム活用方法をご紹介します。
サンプル フォームを作成しながら、実際にフォーム作成を行う上で必要な手順や注意点 (パフォーマンスやセキュリティ面など) をご理解いただけます。また作成したフォームを SharePoint サイト上で活用する方法もお伝えします。

​​​​

コース種別 ハンズオン (演習付き)
対象 対象製品: SharePoint Server 2010/2013

対象者   : サイトの管理や内容編集を行う担当者、情報システム部門の IT 技術者
日数 1 日間
前提条件 ・ Windows や Office の基本操作ができる方
・ SharePoint のリスト・ライブラリ機能をご存じの方が望ましい。(必須ではありません)
コースのご受講について 個別開催でのご提供を行っております。お気軽にお問合せください。

コース内容

​​​​​​1.InfoPath によるフォーム作成

   ・ InfoPath での新機能、機能強化ポイント
   ・ 基本的な操作方法
   ・ フォーム作成時に使える Tips
   ・ 外部データとの連携

2.InfoPath フォーム作成・展開時の注意点やポイント

   ・ 外部データとの連携時のパフォーマンス
   ・ フォームの展開方法
   ・ フォームのセキュリティ設定

3.SharePoint との連携 フォーム展開編 -

   ・ フォーム ライブラリによるフォーム共有
   ・ InfoPath Forms Services によるブラウザ対応フォーム

4.SharePoint との連携 - SharePoint カスタマイズ編 -

   ・ リスト フォームのカスタマイズ


備考

本コースでは、InfoPath を使ったフォーム作成方法から、SharePoint との連携までの幅広い内容を 1日にぎゅっとまとめてお伝えしますので、短期間でポイントを知りたい方に最適です。前提条件にある SharePoint についての知識 (リスト・ライブラリ機能) は必須ではありませんが、ご存じのほうがより理解を深めることができます。