Nintex Workflow を使用した SharePoint ワークフロー開発基礎

コースID: CI901-H

コース概要

Nintex Workflow の評価、導入される技術者向けの基礎トレーニングです。
バージョンは 2010 または 2013 どちらでも対応します。Nintex Workflow を利用するための初期設定から、SharePoint サイトでワークフロー開発を始めるまでの各種設定から、単純な1 段階の承認ワークフローの作成、最後には差し戻し付きの3 段階承認ワークフローを作成します。Nitex Workflow によるワークフロー開発の流れ、注意点、Tips などを学ぶことができます。

コース種別 ハンズオン (演習付き)
対象

対象者 :

  • 現場部門でサイトの管理や内容編集を行う IT 担当者
  • 情報システム部門の IT 技術者
日数 1 日間
前提条件
  • SharePoint のサイトの構造を理解されている方 (サイトとサイト コレクションの違い)
  • SharePoint サイト構築を行うための基本スキルをお持ちの方 (サイトの作成、リスト・ライブラリの設定、アクセス権の設定など)

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

​1.SharePoint 概要

【演習準備】 サイトの作成、アクセス権限の変更

2.NINTEX Workflow の初期構成

【演習】 インストールの実⾏
【演習】 各種初期設定
【演習】 フィーチャーのアクティブ化

3.ワークフロー作成演習

  • 単純承認ワークフロー
  • ワークフロー変数と他のリスト参照
  • 電⼦メールによるリマインドの送信
  • 差し戻し付き 3 段階承認ワークフロー

[参考] InfoPath によるフォーム開発

備考

コース内容にもある通り、ワークフロー開発の学習はすべて演習ベースとなっております。単純な1 段階承認のワークフローに少しづつ機能を追加していきます。この中で SharePoint ワークフローのアーキテクチャやバージョン管理など、実際の開発時に役に⽴つ内容を説明しながら、トレーニングを進⾏します。このため、Nintex Workflow を初めて使⽤する⽅でも問題なく理解することができますが、SharePoint Server についてはリスト、ビューなどサイトのコンテンツについて理解している技術者の⽅を対象としております。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する