コースID: CI604-H SharePoint Designer 2013 によるワークフロー構築

SharePoint Online および SharePoint Server 2016/2013 を対象に、SharePoint Designer 2013 を利用してワークフローを作成する方法を解説します。現在 SharePoint Online および SharePoint Server 2016/2013 のすべてで、SharePoint Designer 2013 を利用したワークフロー編集が行えます。実習時には3種類 (SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online) から環境を選択いただけます。
実践的な内容を1日に凝縮してご紹介する実習中心の内容であるため、SharePoint サイト構築における基礎知識 (サイトの作成、リスト・ライブラリの各種設定、アクセス権設定など) は前提条件とさせていただきます。

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
 ※ 前提知識の習得には、「CI310-H SharePoint 2013 サイト構築 基礎」 or 「CI601-H Sh​arePoint 201​6 サイト構築 基礎​​​​」 がおすすめです。

 ※ ​本コースは 「CI304-H SharePoint Designer 2013 ワークフロー構築​」 コースの後継コースです。
     内容は同様ですが、対象製品は SharePoint Online、SharePoint Server 2016/2013 となり、​それに伴いコース ID を変更いたしました。

コース種別 ハンズオン (演習付き)
対象 対象製品: SharePoint Online
SharePoint Server 2013/2016

対象者   :
サイトの管理や内容編集を行う担当者
情報システム部門の IT 技術者
日数 1 日間
前提条件 ・ SharePoint のサイトの構造を理解されている方 (サイトとサイト コレクションの違い)
・ SharePoint サイト構築を行うための基本スキルをお持ちの方 (サイトの作成、リスト・ライブラリの設定、アクセス権の設定など)
一般開催
受講料(税別)
¥70,000
  
  
  
  
  
2017/10/162017/10/16奥田 理恵受付中2017/10/16_CI604-H
2018/01/182018/01/18奥田 理恵受付中2018/01/18_CI604-H

コース内容

​​​​​1.SharePoint ワークフロー概要

 - SharePoint ワークフロー機能と利用
 - サイト コレクションに対する事前設定
 - ワークフロー機能の活用と、ワークフロー画面について

2.SharePoint Designer 2013 によるワークフロー作成 実習

 SharePoint Designer 2013 を利用し、ワークフローを作成する実習を行います。
実習を通して、SharePoint Designer 2013 でのワークフロー作成方法や注意点、SharePoint ワークフロー機能の活用どころを理解いただきます。
 <実習例>


​■ 条件による自動メール送信

■ 回覧フロー

■ アイテムのアクセス権変更

■ 複数メンバーによる内容チェック​

■ 問合せ管理のメール通知

■ 掲示板とリストの関連付け

​■ 段階承認フロー

■ リマインダーメール送信

■ リスト アイテムのループ処理

※ 開催時の参加者のレベルにあわせて、課題内容は異なります。                                                                                                          
※ コース内容は、SharePoint の update 等により開催ごとに内容を更新しています。上記内容およびテキストは予告なしに変更される可能性がございます。

テキスト目次ダウンロード DL.jpeg


備考

SharePoint Designer によるワークフロー作成は資料や書籍も少なく、なかなか自学が難しい内容といえます。SharePoint Designer 2013 によるワークフローの作成方法だけではなく、ワークフローで実現できること、できないことも含めてお伝えします。​​​