Office 365 とクラウドサービスの認証ベストプラクティス (Azure AD 編) – オンライン版

コースID: CI525-O

コース概要

Azure Active Directory (Azure AD) を利用し Office 365 をはじめとするクラウドサービスへのユーザー認証の設計と実装について学習します。Azure AD では、SAML、OpenID Connect、OAuth2.0 など、様々な ID 連携プロトコルを利用して Office 365 だけでなく、SaaS や PaaS などのクラウドサービスにシングルサインオンするよう構成が可能です。そのために必要な実装方法、シングルサインオン環境を実現するために必要な知識を習得いただけます。また Azure AD と連携されたクラウドサービスへのアクセスについて、条件付きアクセスを利用してアクセス制御する方法についても同時に学んでいただき、Azure AD の認証と認可に関わるひととおりのテクノロジーを習得し、ご自身で Azure AD を利用した認証基盤の構築ができるようになることをめざします。


※ ​本コースはオンライン限定コースです。
CI525-H Office 365 とクラウドサービスの認証ベストプラクティス (Azure AD 編)​​​​」 から Azure AD Connect, デバイス管理, ログ管理に関わる項目などを削除し、2日コースとして再構成したものです。
※ コース資料はオンライン コース用に再構成した電子版を使用します。

コース種別 オンライン研修 (実習あり)
対象
  • Azure AD を利用したクラウドサービスの認証環境の設計・実装を検討されているサーバー、ネットワーク管理者
  • ID 技術を設計・実装する SIer の技術者、企業内担当者
日数 2日間 (10 - 17 時)
前提条件
  • Active Directory に関する基本的な知識
  • Office 365 (Microsoft 365) 管理センター画面での操作経験のある方
一般開催
受講料(税別)
¥150,000

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.ID 連携の概要

  • Azure AD による認証・認可パターン
  • Azure AD の初期設定

2.SAML プロトコルを利用した認証・認可

  • SAML プロトコルの概要
  • ID 連携設定とプロビジョニング
  • ID 連携に必要なパラメーター

3.OpenID Connect/OAuth2.0 を利用した認証・認可

  • OpenID Connect/OAuth2.0 プロトコルの概要
  • OpenID Connect/OAuth2.0 のフロー
  • OpenID Connect/OAuth2.0 プロトコルに必要なパラメーター
  • Graph API

4.条件付きアクセス

  • 条件付きアクセスの概要
  • 条件付きアクセスのアクセス制御レベル
  • ポリシー設定のベストプラクティス

備考

以前からご要望の高かった Office 365 とクラウドサービスの認証ベストプラクティス (Azure AD 編) コースのオンライン版です。オンラインでも本コースの特徴でもあるインタラクティブ性が損なわれないようにスケジュールに余裕を持たせると同時に、2日間でカジュアルに受講できるようにしました。クラウド認証基盤として Azure AD を活用するに当たり、どのようにクラウドサービスと Azure AD を連携させればよいか? そして、ゼロトラストの時代にあったアクセス制御をどのように行えばよいか? この 2 点に絞って徹底して扱っていこうと考えています。
コースのゴールは以下です。
・ Azure AD の概要と初期設定として必要な項目を理解すること
・ SaaS / PaaS のアプリケーションを Azure AD に関連付け、正しく SSO ができるようにすること
・ Azure AD に関連付けられたアプリに対するアクセス制御を実装できるようにすること

オンラインでもインタラクティブにたくさん会話をし、Azure AD に対する皆さんの知識をより深めていきましょう。(国井 傑)

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する