EMS で実現するクラウド IT インフラ管理

コースID: CI532-H

コース概要

エンドポイント (クライアント デバイス) の管理として現在、クラウドを活用した管理手法であるモダンワークプレイスと呼ばれる手法が注目されています。本コースではマイクロソフトのクラウドサービスである、Enterprise Mobility + Security (EMS) を利用してモダンワークプレイスの考え方に基づく IT インフラ管理の具体的な方法とベストプラクティスについて解説します。現在、オンプレミスの IT インフラをどのようにしてクラウドへ管理を移行していくべきか?について、豊富な実習とお客様のご要望に合わせて作り上げるディスカッションで会社に戻ってすぐに始められるヒントをご提示いたします。
なお、このコースでは Windows 11/10 を対象とすることを前提としますが、ご要望に応じて iOS/Android についても取り上げることができますので、参加時にぜひご要望をお聞かせください。

コース種別 集合研修 (ハンズオン実習あり)
対象

企業の PC 管理、展開を行う IT 担当者

日数 2日間 (10 - 17 時)
前提条件
  • 基本的な IT インフラ管理に関わる基本的な知識
  • Office 365 に関する基本的な知識
一般開催
ご受講料

¥220,000 (税抜 ¥200,000)

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.モダンワークプレイス管理の概要

  • モダンワークプレイスの概要
  • EMS/Microsoft 365 の特徴

2.Azure AD による認証基盤の管理

  • マイアプリによるアクセス制御の簡略化
  • Azure ADによるデバイス管理

3.キッティング

  • Windows Autopilot の概要と展開

4.Microsoft Intune によるポリシー管理/アプリ管理

  • デバイス管理に必要なポリシー設定のケーススタディ
  • 更新プログラム管理のケーススタディ

5. 運用管理とトラブルシューティング

コースのゴール、目標

  • モダンワークプレイスと呼ばれるクラウドベースの IT インフラ管理について理解する
  • EMS を利用して企業で必要なポリシー設定とアプリの展開を実現する
  • 運用管理時に発生するトラブルについて把握し、自身で対応できるようにする

備考

コロナ禍に見舞われた 2020 年以降、私たちのワークスタイルは大きく変化しました。具体的にはクラウドサービス中心のITシステムと場所を問わずに利用するクライアントデバイスに対応できるような IT インフラが強制的に求められるようになりました。
このコースでは企業の IT インフラの管理を担当する方を対象に EMS/Microsoft 365 を利用した"モダンワークプレイス"と呼ばれる考え方に基づく、クラウドを活用したクライアントデバイスの具体的な管理方法について実践していただこうと考えています。豊富な実習とディスカッションをもとに現在の IT インフラをクラウドベースのものへシフトさせていく方法について、参加される皆様と一緒に考えていきます。(国井 傑)

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する