PowerApps と Flow による Office 365 活用 | 株式会社イルミネート・ジャパン

PowerApps と Flow による Office 365 活用

コースID: CI613-H

コース概要

PowerApps を利用したモバイル対応アプリの作成、Flow を利用した自動化のしくみやワークフロー作成方法を習得いただけます。
作成したアプリやフローの共有や管理や、SharePoint Online と組み合わせた活用方法、また PowerApps と Flow の連携利用についても解説します。

コース種別 ハンズオン
対象

対象製品: Office 365 (SharePoint Online)
対象者 :サイト構築担当者や情報システム部門の IT 技術者

日数 2 日間
前提条件

Office 365 機能概要や、Office 365 で提供される各機能の基本操作をご存じの方

一般開催
受講料(税別)
¥140,000

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.PowerApps と Flow 概要

PowerApps と Flow の機能概要について理解します。

  • PowerApps と PowerApps 利用画面
  • Flow と Flow 利用画面
  • 利用に必要なライセンスについて

2.PowerApps によるアプリ作成

  • PowerApps Studio の利用方法
  • テンプレート ベースのアプリ作成
  • データソースの指定
  • 画面の構成要素 (スクリーン、レイアウト、コントロール、データカード)
  • データソースとコントロールのバインド編集
  • 数式の利用
  • テンプレートを利用しないアプリ作成
  • SharePoint リストのアプリ作成

3.PowerApps の共有と管理

  • アプリの共有とアクセス権
  • モバイルからの実行
  • アプリのバージョン管理

4.Flow の作成

  • テンプレートを活用したフロー作成と編集
  • フロー内の各要素の理解 (トリガー、アクション、条件、ループ)
  • 通知や承認機能の利用
  • SharePoint リストやライブラリでのフロー

5. Flow の共有と管理、モニター

  • フローの共有と実行管理
  • モニター
  • モバイルからの実行

6. PowerApps と Flow を連携した利用

  • PowerApps と Flow の連携設定

備考

2016年11月にPowerApps、Microsoft Flowが正式リリースされ、Office 365 にはこれらを利用するためのライセンスが含まれています。比較的新しい機能ですので概要レベルのことはご存じであったとしても 「まだ使ったことがない」 「どうやって使っていいかわからない」 という方も多いのではないでしょうか? PowerApps はモバイルや Web に対応したアプリを作成できるサービスであり、Flow はクラウド サービスやアプリケーション間でのプロセスを自動化するためのフローが作成できるツールです。また PowerApps、Flow ともに Office 365 の各種サービスやその他のさまざまなクラウド サービスやアプリケーションと連携機能を持っています。
PowerApps、Flow について使い方を習得したい方、例を確認しながらまずはどのようなことができるサービスかを確認したい方におすすめです。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する