Power Apps による Microsoft 365 活用

コースID: CI613-H

コース概要

Power Apps を利用した業務アプリの作成を Microsoft 365 に含まれるライセンスを活用して行えることを中心にご紹介します。また Power Automate のフローや Forms など Microsoft 365 の各種機能と連携する方法も含めて実践的な実習をベースとして習得いただけます。作成したアプリやフローの共有や管理方法についても解説します。これから Power Apps をはじめる方におすすめのコースです。

本コースのオンライン版 も開催中です。

コース種別 集合研修 (ハンズオン実習あり)
対象

対象製品: Microsoft 365 で提供される Power Apps
対象者 :サイト構築担当者や情報システム部門の IT 技術者

日数 2日間 (10 - 17 時)
前提条件

Microsoft 365 機能概要や、Microsoft 365 で提供される各機能の基本操作をご存じの方

一般開催
ご受講料

¥154,000 (税抜 ¥140,000)

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.Power Apps 概要

Power Apps の機能概要について理解します。
どういったことができるか全体像やライセンスによる機能差を確認します。

2.Power Apps によるアプリ作成と共有

  • Microsoft 365 環境でのアプリ作成
  • 実習 : 自動生成によるアプリ作成
  • 実習 : アプリ作成基本
    データの参照、表示など
  • アプリの展開や管理
  • アプリのエクスポート/インポート

3.アプリ作成 実践①

社内の問合せ管理を題材としたアプリを作成しながら、アプリ作成時に必要となるスキルを習得します。

  • 実習 : データソースの用意、アプリの作成方法の種類と違いの理解
  • 実習 : 問合せフォームの作成、Power Automate によるデータ転記や通知の自動化
    Forms と Power Apps アプリの違い理解
  • 実習 : 問合せ管理担当が利用するアプリの作成
    空白からのアプリ作成、画面デザイン、各種基本コントロールの理解、データのフィルター、フォーム作成 など

4.アプリ作成 実践②

稟議承認を題材としたアプリを作成しながら、アプリ作成時に必要となるスキルを習得します。

  • 実習:申請アプリの作成
    関連データのみをフィルターして表示、入力チェック機能を含むフォーム
  • 実習:承認担当者の自動設定
  • アプリ作成時の注意点 (委任など)
  • 値の参照、自動設定、変数の扱い
  • 実習:Power Automate による承認フロー作成と連携
  • Teams でのアプリ利用

Microsoft 365 環境での Power Apps 利用まとめ

※ コース内容およびテキストは開催ごとに製品の Update に合わせて更新しています。
予告なしに変更される可能性があることをご了承ください。

備考

Power Apps は 2016年11月に正式リリースされました。その後、機能拡張やライセンス形態の変更と幾度かの大きなアップデートを経て進化し、近年では実際に活用されている事例も多くなってきています。単体ライセンスも提供されていますが Microsoft 365 に一部機能が含まれているため 365 ユーザーにとっては比較的導入しやすい製品とも言えます。また Microsoft 365 に含まれる機能からまずは利用 (もしくは検証) をはじめて、必要なタイミングで追加ライセンスを導入されるケースも少なくありません。本コースはローコード開発をはじめたい、Power Apps をこれからはじめたい方におすすめの内容です。なにができるかといった概要から、実際にアプリを作成して利用するために必要な知識を実践的に解説します。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する