PowerApps と Flow による Office 365 活用

コースID: CI613-H

コース概要

Power Apps を利用したモバイル対応アプリの作成、Power Automate (Microsoft Flow) を利用した自動化のしくみやフロー作成方法について、Office 365 に含まれるライセンスを活用して行えることを習得いただけます。作成したアプリやフローの共有や管理や、SharePoint Online と組み合わせた利用、また Power Apps と Power Automate の連携利用についても解説します。

※ Microsoft Flow は Power Automate に名称変更されました。

コース種別 ハンズオン
対象

対象製品: Office 365 (SharePoint Online)
対象者 :サイト構築担当者や情報システム部門の IT 技術者

日数 2 日間
前提条件

Office 365 機能概要や、Office 365 で提供される各機能の基本操作をご存じの方

一般開催
受講料(税別)
¥140,000

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.Power Apps と Power Automate 概要

Power Apps と Power Automate の機能概要について理解します。

2.Power Automate による業務効率化

  • フローの利用シーン
  • フロー各要素の理解
  • フローの共有、管理、モニター
  • テンプレート ベースのアプリ作成
    Lab : モバイルとの連携、Excel との連携
    データの転記、SharePoint との連携
    回覧フローの作成

3.Power Apps によるアプリ作成と共有

  • Lab : キャンバス アプリの作成 基本
    入力チェック機能など、アプリ作成 テクニック
  • アプリに対する各種設定
  • アプリの共有や管理
  • アプリのエクスポート

4.SharePointPower Apps の連携

  • Lab : SharePoint をデータソースとしたアプリ作成
  • 委任などアプリ作成時の注意点
  • Lab   :   SharePoint リスト フォームの編集
  • アプリとの違い、使い分け

5. Power AppsPower Automate の連携

  • 承認機能の利用
  • Power Apps アプリからフローを実行
  • Lab : 承認機能を持つアプリの作成

※ コース内容およびテキストは予告なしに変更される可能性がございます。

備考

Power Apps、Power Automate (Microsoft Flow) は 2016年11月に正式リリースされました。その後、機能拡張やライセンス形態の変更と幾度かの大きなアップデートを経て、ようやく実環境での導入も多くなってきています。それぞれ単体のライセンスもありますが、Office 365 に一部機能が含まれているため、Office 365 ユーザーにとっては、比較的導入しやすい製品とも言えます。また Office 365 に含まれる機能からまずは利用 (もしくは検証) をはじめて、必要なタイミングで追加ライセンスを導入されるケースも少なくありません。比較的新しいサービスであるため、概要レベルのことはご存じであったとしても 「まだ使ったことがない」 「どうやって使っていいかわからない」 という方も多いのではないでしょうか? PowerApps はモバイルや Web に対応したアプリを作成できるサービスであり、Power Automate はクラウド サービスやアプリケーション間でのプロセスを自動化するためのフローが作成できるツールです。このコースは Office 365 に含まれるこれらの機能について、使い方を習得したい方、例を確認しながらまずはどのようなことができるサービスかを確認したい方におすすめです。
※ 単体ライセンスで利用できる機能については別コース、もしくはカスタマイズコースをご検討ください。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する