Power Apps と Office 365 によるキャンバス アプリ作成

コースID: CI613-O

コース概要

Power Apps を利用したキャンバス アプリの作成方法や知っておくべきしくみ、共有方法、またアプリ作成時のポイントや Tips を解説します。Office 365 に含まれるライセンスで行える内容として解説しますので、Office 365 ユーザーが Power Apps をスタートする第一歩としておすすめの内容です。

※ 本コースはオンライン限定コースです。
CI613-H Power Apps と Flow によるOffice 365 活用」 からキャンバス アプリの作成にフォーカスした内容を抜き出し、1日のオンラインコースとして再構成したものです。
※ コース資料は実習用手順 (電子版) となります。

コース種別 オンライン研修 (実習あり)
対象

対象製品: Office 365 で提供される Power Apps、Power Automate、SharePoint Online
対象者 :サイト構築担当者や情報システム部門の IT 技術者

日数 2日間 (午後のみ、13 - 17 時)
前提条件

Office 365 機能概要や、Office 365 で提供される各機能の基本操作をご存じの方

一般開催
受講料(税別)
¥100,000

コーススケジュール

Loading...

読み込み中…

コース内容

1.Power Apps 概要

Power Apps で行えることなど概要を解説します。また Office 365 ライセンスで利用できる機能を理解します。

2.データソースの用意

Power Apps アプリで扱えるデータソースについて理解し、Office 365 で用意する方法を解説します。

3.キャンバス アプリ作成 基本 理解

キャンバス アプリを作成する基本としてテンプレートからの作成方法を解説します。アレンジが行えるようテンプレートによって作成されるアプリ内容を理解します。

4.アプリの展開と共有

作成した Power Apps アプリの展開方法、共有方法を解説します。またアプリをエクスポート方法もあわせて確認します。

5. キャンバス アプリ作成時の各種テクニック

入力チェック、メール送信、動的な画面切り替えなどアプリ作成時によく利用する設定や Tips を解説します。

※ コース内容およびテキストは予告なしに変更される可能性がございます。

備考

Power Apps はコーディングの必要なしにビジネス アプリの作成が行えるプラットフォームです。さまざまなデータと連携したアプリの作成や展開が行え、またモバイルでの実行も可能とします。導入、活用されている企業や組織も増えてきましたが、Office 365 に Power Apps の一部機能を利用できるライセンスが含まれるため、まずはそこから利用をスタートされるケースはとても多いと言えます。Office 365 導入済みの組織での Power Apps 活用の第一歩をふみだしていただくために、Office 365 に含まれる機能を用いてキャンバス アプリを作成する方法を解説します。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する