SharePoint Tips

Excel Services の裏ワザ? Excel を SharePoint ページ編集ツールとして活用

  • 2011.03.07
  • Rie Okuda

Excel Services は SharePoint Server 2007/2010 の Enterprise に搭載する機能で、Excel で作成した内容を Web 表示が行え、対話操作やデータ更新もできる機能です。特に SharePoint の機能紹介等では BI 機能として紹介されることが多いです。DB や AS につないでレポート化した Excel ファイルを SharePoint で Web 共有できますよーっていうやつですね。

今日はちょっと視点を変えた Excel Services の活用例をご紹介したいと思います。
Excel を SharePoint のページ編集ツールとして活用する方法についてです。
(先日実施させていただいたマイクロソフト主催のパートナー向けセミナー mstep でもご紹介させていただきました)

Excel Services には Excel Web Access という Web パーツがあり、EWA Web パーツを利用すると、Excel ブック内の特定のテーブルやグラフ、セル範囲を Web パーツに表示可能です。この機能を活用して Excel でページ編集を行う方法です。

イメージはこんな感じです。
ewa

<Step>

1. Excel で SharePoint 内に表示したい内容を作成
画面の遷移を行いたい場合は、ワークブックを切り替えるリンクやセル範囲 (名前付き範囲) を切り替えるリンクを作成しておく。
ewa2 ← 例

2. Excel ファイルをあらかじめ作成しておいた、ライブラリに発行します。
[ファイル] メニューから [保存と送信] – [SharePoint に保存] を選択します。
発行先の SharePoint サイトを指定し、[発行オプション] でEWA Web パーツに表示させたいセル範囲 (名前付き範囲)  を指定します。
ewa3

3. SharePoint サイト内にページを作成し、ページ内に EWA Web パーツを配置します。

4. Web パーツの設定画面で、EWA Web パーツ内に表示する Excel ファイルへのパスと、その中の名前付き範囲を
指定します。
ewa4

またタイトルバーや枠線は表示しないように設定します。
ewa5

以上です。

ewa6 ← イメージ

これで使い慣れた Excel ファイルで編集した内容が SharePoint ページ内に表示され、内容を編集したい場合も、ライブラリ内に保存している Excel ファイルを上書きするだけで OK です♪

奥田理恵でした。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する