PowerApps :カスケード ドロップダウン | 株式会社イルミネート・ジャパン

PowerApps

PowerApps :カスケード ドロップダウン

  • 2018.05.14
  • Rie Okuda

SharePoint リストフォームのカスタマイズでよくあるドロップダウンを複数使って絞り込む内容を PowerApps で設定する方法をご紹介します。こちらもセミナー参加いただいた方より最近よくいただく質問なのですが、もともと InfoPath で設定していたことを PowerApps だとどうすればよいかという内容でした。

■ 内容

分類を選択すると、選択内容によってカテゴリードロップダウンの内容が絞り込まれるようにしたいとします。

■ 設定方法

1.まず選択肢内容が含まれるデータソースを追加します。

2.分類のドロップダウンの Item プロパティ

  • リクエストカテゴリー : データソース名
  • Category1 : 分類列の内部名
    (データソースが SharePoint リストの場合、数式内で列名を指定する場合は内部名を利用します)

また例で利用したデータソースの 「分類」 列が重複する値が含まれるため、Distinct 関数を利用しています。

3.カテゴリーのドロップダウンのItemsプロパティ

  • リクエストカテゴリー : データソース名
  • Category1 : 分類列の内部名
  • categoru1Input : 分類ドロップダウンのコントロール名
  • Title : カテゴリー列の内部名

 

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する