Teams

Teams オンライン会議の出席者リストを取得

  • 2020.06.03
  • 株式会社イルミネート・ジャパン

オンライン会議に [出席者リストのダウンロード] 機能が追加されました!
オンライン会議の出席者とともに、出席/退出時間をファイルでダウンロードして、確認できます。

 

出席者リストのダウンロード手順

出欠確認リストのダウンロードは、会議予定作成者 (開催者) のみ可能です。
発表者や参加者ではダウンロードはできません。

  1. オンライン会議に参加後、下部のナビゲーションバーの [参加者を表示] をクリックします。
  2. 参加ユーザー一覧にある [参加者リストをダウンロード] をクリックします。
  3. 参加者リスト (CSVファイル) がダウンロードされます。

 
CSV ファイルのダウンロード先は、オンライン会議への参加方法により異なります。

  • Teams アプリ で参加した場合は、PC の [ダウンロード] フォルダに保存されます。
  • Web ブラウザーで参加した場合は、Web ブラウザーでダウンロード先に設定されているフォルダに保存されます。

 
ダウンロードした CSV ファイルには、オンライン会議の参加したユーザーの氏名、ユーザーの操作 (参加/退出)、タイムスタンプ (日本時間) が記載されます。

 
注意点として、出席者リストはオンライン会議から退出する前にダウンロードが必要です。オンライン会議から開催者も含め全員退出すると、そのとき参加していたメンバーの出席者リストはダウンロードできません。また参加者リストに記載されるのは出席した人の情報のみです。オンライン会議に招待されていたユーザーであっても、オンライン会議に参加しなければ、参加者リストに記載されません。
 
出席した人の一覧を参照したいというご質問はよくいただきますが、大人数の会議や組織内の勉強会 / トレーニングなど、出欠確認が必要となるオンライン会議のときにぜひ利用してみてください。

 

IT 管理者向け Teams コースの一般開催を開始しました。

Teams を利用していく上の課題として 「ユーザーに Teams をどのように使ってもらうか」 や 「自社に必要な設定がわからない」 といった点を挙げられる組織も少なくないと思います。この課題を解決するための情報として、Teams が活用できるシーンや活用のするための考え方、そして、活用に繋がる Teams の設定を解説します。
また IT 管理者が Teams の導入や管理で落とし穴になりかねない Teams 運用管理の注意点もあわせて解説します。
CI510-H 管理者のための Microsoft Teams – 活用シナリオ理解と管理手法

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する