Microsoft 365

今さら確認 Microsoft 365 ② メリットは?

  • 2020.05.03

Microsoft 365 は Windows 10、Office 365、EMS がまとめて利用できるパッケージ ソリューションです。2回目は Microsoft 365 を利用するメリットやポイントをまとめてみました。

—————————————————————-
まずは概要!
② メリットは?
Office 365 と何が違う?
プランの差は?
公式情報の収集
—————————————————————-

① 業務に必要なクラウドサービスや最新の Windows OS がパッケージ化されている

プランによって違いはありますが Windows OS に加えて次のサービスが利用できます。

クラウドサービス 主な機能
Office 365 Exchange Online メール、予定表、連絡先
SharePoint Online 社内ポータル、サイト
Microsoft Teams ・オンライン会議、IM、音声・ビデオ通話
・チーム単位の情報共有
OneDrive for Business 個人用の大容量ファイル ストレージ
Office アプリケーション Excel、Word、PowerPoint などのクライアント アプリケーション
EMS Azure AD Premium ・Office 365 や Azure などへのアクセス制限
(条件付きアクセス)
・Teams のチーム作成制限
(Office 365 グループの作成制限)
Microsoft Intune ・デバイス管理 (PC やスマートフォンなど)
・登録されているデバイスに設定を展開
Azure Information Protection (AIP) メールやファイルの情報保護
(印刷禁止や読み取り制限、転送禁止など)

 
Windows OS ライセンス、業務アプリ一式、およびそれらをまとめて管理する機能がオールインワンで導入できるのが Microsoft 365 です。オールインワンで利用することで次のような運用メリットが生まれます。

  • ライセンス管理 : サービスごとの個別管理ではなく、まとめて管理することができる
  • クラウド サービス同士の連携 : 同じアカウントでシームレスにすべての機能が利用できる
  • 一元管理 : 端末やアプリ、データに対する管理をまとめて行える。

 

② 最新の Windows OSが利用できる

Microsoft 365 は、最新の Windows OS のライセンスが含まれています。現在提供されている最新 Windows OS は 「Windows 10」 であるため、Windows 10 を利用することができます。使用できるWindows 10 のエディションは、Microsoft 365 のプランにより異なります。

Microsoft 365 プラン 提供される Windows エディション (現在)
Microsoft 365 E3 Windows 10 Enterprise E3
Microsoft 365 E5 Windows 10 Enterprise E5
Microsoft 365 Business Premium Windows 10 Business

Windows 10 を利用することで高度なセキュリティ機能 (資格情報を隔離する Credential Guard や 偶発的なデータ流出を防ぐ Window Information Protection など) を採用できます。
※ Windows 10 の一部のセキュリティ機能は、PC のハードウェアに依存するため、古いPCだとその一部のセキュリティ機能を利用することができない場合があります。
 

③ 場所にとらわれない作業や設定が可能

Office 365 はインターネット接続されている PC であれば、どこからでもメールや社内サイト、オンライン会議などの機能が利用できます。また組織の IT 管理者が行ったクラウドサービスに対する設定は、在宅勤務や出張など組織のネットワークに参加できない環境であっても反映されるため、緊急性のある設定なども効率よく展開できます。
 

④ 最新セキュリティの採用

Microsoft 365 に含まれる EMS には、以下のようなセキュリティ機能が含まれます。

  • PC やスマートフォンなどの 「デバイス管理」
  • Office 365 のサインイン認証に、モバイルを使用した認証を加えた 「多要素認証」
  • 条件を満たしているデバイスのみ Office 365 に接続できる 「条件付きアクセス」
  • Microsoft Teams のチーム作成を制限できる 「Office 365 グループの作成制限」
  • 印刷禁止や転送禁止などのファイル操作を制限する 「Azure Information Protection」
  • 安全な添付ファイルや URL リンクを識別する 「Office 365 ATP」

またウィルスや悪意のあるサイトなどの最新のセキュリティ情報が反映されるため、新しい攻撃や脅威にも対抗できる環境を提供できます。
   

Microsoft 365 管理者向けコース

  • CI531-H シナリオベースで理解する Microsoft 365 セキュリティ機能
    Office 365 や Microsoft 365 で利用できるセキュリティ機能と、それぞれが何のために利用するものかシナリオベースで解説します。 “どんな” 機能が利用できて、”何に” 対するセキュリティ対策になり、利用するためにはどのような設定が必要かを整理します。
  • CI532-H EMS で実現するクラウド IT インフラ管理
    企業でのデバイス管理や展開をおこなう方を対象に、EMS を利用した “モダンマネージメント” を実践していただこうと考えています。豊富な実習を通してクラウドベースでの IT インフラ管理へ移行する方法を習得し、管理の考え方もクラウドベースにシフトしていきましょう。
  • CI535-H Microsoft 365 を利用したインシデント対応
    Microsoft 365 E5 を利用している企業を対象に、サイバー攻撃の検知や対応を具体的に行う方法について解説し、インシデント対応プロセスをどのように進めていくべきかについてベストプラクティスを探っていきます。
  • CI510-H 管理者のための Microsoft Teams – 活用シナリオ理解と管理手法
    IT 管理者向けに Microsoft Teams 活用のためのシナリオや、必要となる管理知識を解説します。Teams の導入/展開にあたり、理解しておかないといけない運用管理の手法や注意事項をご理解いただけます。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する