Microsoft 365

今さら確認 Microsoft 365 ③ Office 365 と何が違う?

  • 2020.05.04
  • 株式会社イルミネート・ジャパン

3回目は Office 365 との違いです。

—————————————————————-
まずは概要!
メリットは?
③ Office 365 と何が違う?
プランの差は?
公式情報の収集
—————————————————————-

図にするとわかりやすいと思いますが、Microsoft 365 の中に Office 365 が含まれているという位置づけです。そのため Exchange や Teams、SharePoint など Office 365 の機能自体に違いがあるわけではありません。

 

Microsoft 365 Office 365
利用可能なサービス • Office 365
• Windows
• Enterprise Mobility + Security
(EMS)
• Office 365
価格(例:E3 月額) 3,480 円 / ユーザー 2,170 円 / ユーザー
価格メリット 3 つのサービスを個別で契約するより、金額を抑えられる Microsoft 365 より安い
EMS や Azure AD Premium など、利用したいサービスのみを追加契約も可能
導入検討
対象ユーザー

Windows 10 へのアップグレードを検討している

高度なセキュリティ機能を付加し Office 365 を利用したい

メールやファイル共有機能をクラウドで利用したい

Office のサポート終了のため検討している

 
提供されるサービス以外に大きく異なるのはライセンス価格です。Microsoft 365 は Office 365 に加えて他のサービスも含まれているため、当然 Microsoft 365 の方が高くなります。しかし Windows 10 とEMS がその差分金額で使用できるともいえます。上表で例えると、1ユーザーあたり月額 1,310 円 で、Windows 10 のライセンスと EMS が付いてきます。
※ 記載価格 (2020年4月時点) には消費税が含まれておらず、また年間契約のものです。

Office 365 のサービス (メールサービス、情報共有サイト、コミュニケーションツール、最新 Office アプリケーションなど) を利用するだけであれば、Office 365のみの契約が適しています。また Office 365 に含まれるサービスに加えて Windows 10 やデバイス管理、クラウドの利用における強力なセキュリティ機能などを導入目的に含めている場合は、Microsoft 365 がよいといえるでしょう。

   

Microsoft 365 管理者向けコース

  • CI531-H シナリオベースで理解する Microsoft 365 セキュリティ機能
    Office 365 や Microsoft 365 で利用できるセキュリティ機能と、それぞれが何のために利用するものかシナリオベースで解説します。 “どんな” 機能が利用できて、”何に” 対するセキュリティ対策になり、利用するためにはどのような設定が必要かを整理します。
  • CI532-H EMS で実現するクラウド IT インフラ管理
    企業でのデバイス管理や展開をおこなう方を対象に、EMS を利用した “モダンマネージメント” を実践していただこうと考えています。豊富な実習を通してクラウドベースでの IT インフラ管理へ移行する方法を習得し、管理の考え方もクラウドベースにシフトしていきましょう。
  • CI535-H Microsoft 365 を利用したインシデント対応
    Microsoft 365 E5 を利用している企業を対象に、サイバー攻撃の検知や対応を具体的に行う方法について解説し、インシデント対応プロセスをどのように進めていくべきかについてベストプラクティスを探っていきます。
  • CI510-H 管理者のための Microsoft Teams – 活用シナリオ理解と管理手法
    IT 管理者向けに Microsoft Teams 活用のためのシナリオや、必要となる管理知識を解説します。Teams の導入/展開にあたり、理解しておかないといけない運用管理の手法や注意事項をご理解いただけます。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する