Microsoft 365

今さら確認 Microsoft 365 ⑤ 公式情報の収集

  • 2020.05.06
  • 株式会社イルミネート・ジャパン

組織にとってインパクトがあるアップデートや作業を事前に把握するため、定期的に情報収集を行うことをおすすめします。

—————————————————————-
まずは概要!
メリットは?
Office 365 と何が違う?
プランの差は?
⑤ 公式情報の収集
—————————————————————-

以下は日本語で Microsoft 365 や Office 365 の情報が発信されているサイト等です。

① Microsoft 365 管理センター (メッセージセンター)

https://admin.microsoft.com/AdminPortal/Home#/MessageCenter
※ 管理センターは Microsoft 365 の管理者のみがアクセスできます。
※ Microsoft 365 管理センター にアクセス後、画面左の [… すべてを表示] – [正常性] – [メッセージセンター] の順でクリックし、メッセージセンターを表示することができます。

今後予定されている情報が集約されています
既定の表示言語は英語ですが、[アカウントの言語に自動翻訳] をオンにすると日本語表記になります。(ユーザーの言語設定が [日本語(日本)] になっている必要があります。)

また設定によりメールで要約内容を受け取ることも可能です。設定を行うと毎週月曜日にメッセージセンターから先週にメッセージセンターに記載された内容が集約されてメール自動送信されます。(メールの内容は英語です。)

既定のでは [有効] となっており、メッセージセンターからのメールを受け取りたくない場合は、ユーザー自身 (管理権限が必要) がメッセージセンターの [ユーザー設定] をクリックし、 [メッセージの1週間の電子メールダイジェストを送信する] のチェックを外します。

② Microsoft 365 ロードマップ

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/roadmap

Microsoft 365 への機能追加など、今後更新が予定されている情報がまとめられているサイトです。トップは日本語ですが、内容は英語表記です。しかし、展開予定や状況が細かくまとめられているので、機能展開状況の把握に活用できます。

③ Windows Blog for Japan

https://blogs.windows.com/japan/

Microsoft Tech Community サイト (https://techcommunity.microsoft.com/) からWindows や Microsoft 365 に関する情報をピックアップされ、日本語翻訳した情報が投稿されているサイトです。またMicrosoft Tech Community サイトの情報だけでなく、日本独自の情報も投稿されることがあります。

④ Microsoft 365 ブログ

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/blog/
Microsoft 365 ブログ (https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/) からピックアップされた情報が日本語翻訳後、投稿されているサイトです。いち早く知りたい場合は、英語版のほうがおすすめです。

⑤ Microsoft Security Response Center :Japan Security Team

https://msrc-blog.microsoft.com/category/jpsecurity/

Windows のセキュリティ情報が投稿されているサイトです。Windows OS のセキュリティ情報は定期的なチェックがお勧めです。

⑥ Microsoft Japan Blog

https://news.microsoft.com/ja-jp/category/blog/

Microsoft 全般のニュースがまとめられているサイトです。
マイクロソフト社の取り組みがまとめられており、Microsoft 365 や Office 365 の取り組みの情報も投稿されることがあります。

 
以上、公式情報の収集が行えるサイトのご紹介でした。

   

Microsoft 365 管理者向けコース

  • CI531-H シナリオベースで理解する Microsoft 365 セキュリティ機能
    Office 365 や Microsoft 365 で利用できるセキュリティ機能と、それぞれが何のために利用するものかシナリオベースで解説します。 “どんな” 機能が利用できて、”何に” 対するセキュリティ対策になり、利用するためにはどのような設定が必要かを整理します。
  • CI532-H EMS で実現するクラウド IT インフラ管理
    企業でのデバイス管理や展開をおこなう方を対象に、EMS を利用した “モダンマネージメント” を実践していただこうと考えています。豊富な実習を通してクラウドベースでの IT インフラ管理へ移行する方法を習得し、管理の考え方もクラウドベースにシフトしていきましょう。
  • CI535-H Microsoft 365 を利用したインシデント対応
    Microsoft 365 E5 を利用している企業を対象に、サイバー攻撃の検知や対応を具体的に行う方法について解説し、インシデント対応プロセスをどのように進めていくべきかについてベストプラクティスを探っていきます。
  • CI510-H 管理者のための Microsoft Teams – 活用シナリオ理解と管理手法
    IT 管理者向けに Microsoft Teams 活用のためのシナリオや、必要となる管理知識を解説します。Teams の導入/展開にあたり、理解しておかないといけない運用管理の手法や注意事項をご理解いただけます。

お問い合わせ

イルミネート・ジャパンが提供するトレーニングやサービスに関するご相談など、
お気軽にご連絡ください。

担当者に相談する